メニュー 閉じる

お客様の声・事例紹介

浴室と洗面台は一緒にリフォームすべき?|営業トーク抜きで教えてほしい!

2022/1/30 日曜日

リフォーム会社にお風呂リフォームについて相談をすると、結構な確率でこんなことを言われると思います。

「浴室をリフォームするなら、洗面台も一緒にリフォームしましょう!」

「これって、もしかしてリフォームにあるあるの営業トーク?」と思われる方も多いかもしれません。

はい!もちろんそれもあります・笑

でも、営業トークを抜きにしても浴室と洗面台を一緒にリフォームをすることには合理的な理由が実はあります。

ここでは営業トークは一切なしで、なぜ浴室と洗面台を一緒にリフォームした方が良いのか?という疑問についてお答えしていきたいと思います。

お風呂や洗面台のリフォームを検討されている方は、ぜひこの内容を踏まえた上で、後悔のないリフォームをしてください。

浴室のリフォーム工事は脱衣所の壁や床にも影響がある

理由を一言でいうと、浴室をリフォームすると脱衣所の壁や床にも影響があるからです。

「お風呂リフォーム」というと浴室の中だけを工事するのかな?と思われがちですが、実際にはお風呂の入口が変わる関係上、脱衣所の浴室に面する壁や床にも影響が出てきます。

これが浴室と洗面台を一緒にリフォームした方が効率が良いと言われる大きな理由です。

上の写真の赤い部分がお風呂をリフォームしたときに影響のある部分です。

具体的にどのような影響が出てくるのか、詳しく見ていきましょう。

浴室リフォーム時は、脱衣所のクロス張り替えが必要

ビフォー
アフター

先ほどもお伝えしたとおり、浴室をリフォームした場合、浴室の入口が新しくなります。

そして、多くの場合、リフォーム前に使用していた入口のサイズと、新しいユニットバスのドア枠はサイズが異なります。

そのため、入口周辺の壁紙が一部なくなってしまう箇所が出てくるので、クロスの張り替えが必要になるのです。

このとき、選択肢としては次の2つがあります。

  1. 浴室に面した壁紙だけを張り替える
  2. 脱衣所全体の壁紙を張り替える

クロスの張り替えは一部でも全部でも、金額的にはさほど違いはありません。

なので、「せっかくなら脱衣所のクロスを全て交換しよう」ということになる場合が多いです。

そうなると、次の問題が出てきます。

脱衣所全体のクロスを交換するときは洗面台の移動が必要

もともと洗面台の裏側の壁にはクロスが貼ってあります。

なので、脱衣所のクロスを張り替える場合は、一度、洗面台を移動しなければいけません。

このときに、どうしても次のリスクについては保障ができません。

それは、経年劣化によって生じている洗面台の不具合によって、一度、取り外した洗面台が元に戻らなくなってしまったり、別途、修繕費がかかってしまうリスクです。

修繕ができればまだ良いのですが、古い型式だとメーカーに部品がないこともあり、直すことすらできない可能性もあります。

お風呂のリフォームは築20年〜30年で行う場合が多いので、それだけ年数の経っている洗面台は部品在庫がメーカーにないため修繕できないケースも少なくはありません。

洗面台の裏側はクロスを交換しないという方法もありますが、その場合、後々、洗面台を交換した際に、古い壁紙が見えてしまうため、再度、クロスを張り替える費用が発生します。

浴室リフォーム時は、床の張り替えも必要

お風呂のリフォームによって影響があるのは、壁紙だけではありません。

同じ理由から、浴室側の床も一部足りなくなってしまうので、床の張り替えが必要です。

ここでまた2つの選択肢が出てきます。

  1. 洗面台を移動せず見えている床だけを張り替える
  2. 洗面台を移動して脱衣所の床全体を張り替える。

1の場合、同じように洗面台を交換したときに、古い床が見えてしまう場合は、再び床の張り替えを行うことになります。

2の場合も同じように老朽化による洗面台の不具合のリスクがでてきます。

つまり、いろいろ考えていくと、お風呂と洗面台は同じタイミングでリフォームしてしまうのが、もっとも効率がよいという話になります。

お風呂も洗面台も同じリフォームが必要

お家を建ててからお風呂も洗面台も同じくらい年数が経過しているので、いずれにしても近いうちには両方とも交換する必要があります。

クロスや床を2回張り替えなければいけない費用、洗面台の不具合で使用できなくなってしまうリスクなどを考えると、多少出費が大きくなってしまっても、まとめてリフォームした方が良いかもしれませんね。

お風呂や洗面台のリフォームを検討される際は、ぜひこの点を含めてリフォームの計画を立てみてください。

浴室と洗面台リフォームの注意点

浴室と洗面台のリフォームを一緒に行った方が良いことが分かったところで、さらにリフォームを進める上での注意点やポイントについていくつかご紹介していきます。

これらのポイントを押さえていただくことで、リフォームのことがより具体的になっていくはずです。

まずはショールームで実物を見ましょう

浴室や洗面所のリフォームを検討する際は、カタログやウェブサイトだけで見るのではなく、実物を見ることが重要です。

実際の色合いや質感、サイズ感は画像だけでは伝わりにくいからです。

ショールームに行くことで、実物の浴槽や洗面台を直接確認でき、自分の家に合うかどうかの判断がより具体期にできるようになります。

また、ショールームには専門のスタッフがいるので、ネット検索だけでは分からなかったことも気軽にその場で質問や相談ができます。

リフォームには大きな費用がかかります。

後悔しない選択をするためには、事前にショールームでの確認をおすすめします。

浴槽のサイズを考える

浴槽のサイズ選びは、リフォームの成功を左右する重要な要素の一つです。

家族構成や使用頻度、浴室のスペースなど、様々な要因を考慮する必要があります。

例えば、大家族や子供がいるご家庭では、広めの浴槽を選ぶことで家族全員が快適に入浴できるようになります。

一方、一人暮らしの方やご高齢の夫婦の場合、小さめの浴槽や浅めの浴槽が適している場合もあります。

また、浴室と浴槽のサイズのバランスも使用していく上でポイントになりますので、リフォームを行う前に、しっかりと浴槽のサイズを検討し、最適なものを選ぶことが大切です。

必要な機能か検討する

浴室や洗面所は、年々、高機能化が進んでいて、多彩なオプションや機能が選択できます。

例えば、浴槽にはジェットバス機能や自動お湯張り機能があったり、洗面台には節水機能や温水洗浄機能など、さまざまな機能が搭載されています。

でも、すべての機能が必要とは限りません。

リフォームを行う際は、自分や家族のライフスタイルに合わせて、本当に必要な機能を選ぶことが大切です。

不要な機能を追加してしまうと、リフォームの費用が上がるだけでなく、後々のメンテナンスが大変になる場合もあります。

最新機能だからという理由だけで選ばずに、必要なものかどうかを見極めて、無駄な出費を避けるように心がけることも大切です。

浴室と洗面台リフォームの費用相場・価格帯

浴室や洗面台のリフォームを検討する際、多くの方が気になるのがその費用です。

リフォームの費用は、選択する設備や材料、工事の内容によって大きく変わるため、事前に相場を知っておくことで、予算の範囲内での計画が立てやすくなります。

また、費用とともに、リフォームの種類や家の形態(戸建てやマンション)によっても価格帯が異なることがあります。

ここでは、浴室と洗面台のリフォームにおける費用の相場や価格帯について詳しく解説します。

ユニットバスからユニットバス

戸建ての場合

項目平均費用
基本工事費¥300,000
ユニットバス本体¥500,000〜¥1,000,000
付属設備・オプション¥100,000〜¥300,000
合計¥900,000〜¥1,600,000

戸建ての場合、ユニットバスのリフォーム費用は、選択するユニットバスのグレードや追加するオプションによって変わります。

基本的な工事費に加え、ユニットバス本体の価格や付属設備の選択によって、合計費用が決まります。

マンションの場合

項目平均費用
基本工事費¥350,000
ユニットバス本体¥500,000〜¥1,200,000
付属設備・オプション¥100,000〜¥350,000
合計¥950,000〜¥1,900,000

マンションの場合、共用部分へのアクセスや作業スペースの制限など、特有の条件があるため、工事費がやや高くなることが考えられます。

また、マンションの構造や規模によっても費用が変動するため、複数の業者から見積もりを取り、費用の違い、提案内容の違いを比較することも有効です。

在来浴室からユニットバス

戸建ての場合

項目平均費用
基本工事費¥400,000
ユニットバス本体¥600,000〜¥1,200,000
付属設備・オプション¥150,000〜¥400,000
合計¥1,150,000〜¥2,000,000

在来の浴室からユニットバスへのリフォームは、戸建ての場合、既存の設備を撤去する工程が必要となるため、基本的な工事費が高くなります。

また、ユニットバスの選択や追加オプションによって、合計費用が変動します。

マンションの場合

項目平均費用
基本工事費¥450,000
ユニットバス本体¥600,000〜¥1,300,000
付属設備・オプション¥150,000〜¥450,000
合計¥1,200,000〜¥2,200,000

マンションでの在来浴室からユニットバスへのリフォームは、共用部分の制約や隣接する部屋への影響を考慮する必要があり、工事費がやや高くなることが考えられます。

浴室&洗面所をセットでリフォーム

戸建ての場合

項目平均費用
基本工事費¥500,000
ユニットバス本体¥700,000〜¥1,300,000
洗面台¥200,000〜¥500,000
付属設備・オプション¥200,000〜¥500,000
合計¥1,600,000〜¥2,800,000

浴室と洗面所をセットでリフォームする場合、戸建てでは工事の規模や範囲が広がるため、基本的な工事費が高くなります。

一方で、まとめてリフォームすることで、工事期間の短縮や統一感のあるデザインを選ぶメリットにもつながります。

マンションの場合

項目平均費用
基本工事費¥550,000
ユニットバス本体¥700,000〜¥1,400,000
洗面台¥250,000〜¥550,000
付属設備・オプション¥200,000〜¥550,000
合計¥1,700,000〜¥3,050,000

マンションでの浴室と洗面所のセットリフォームは、共用部分や隣接する部屋への影響を考慮する必要がありるため、工事費がやや高くなることが考えられます。

でも、一度のリフォームで浴室と洗面所をセットで新しくすることができれば、生活の利便性や快適性が大きく向上します。

洗面台の交換リフォーム

戸建ての場合

項目平均費用
基本工事費¥150,000
洗面台本体¥200,000〜¥600,000
付属設備・オプション¥50,000〜¥200,000
合計¥400,000〜¥950,000

戸建ての場合、洗面台の交換リフォームは、選択する洗面台のグレードや追加するオプションによって費用が変動します。

洗面台は毎日の生活で頻繁に使用する場所なので、機能やデザインをしっかりと選ぶことが大切です。

マンションの場合

項目平均費用
基本工事費¥180,000
洗面台本体¥250,000〜¥650,000
付属設備・オプション¥60,000〜¥220,000
合計¥490,000〜¥1,050,000

マンションでの洗面台の交換リフォームは、共用部分や隣接する部屋への影響を考慮する必要があり、戸建てと比べると工事費がやや高くなることが考えられます。

クロス・床の張り替え

戸建ての場合

項目平均費用
基本工事費¥100,000
クロス材料費¥50,000〜¥150,000
床材料費¥70,000〜¥200,000
合計¥220,000〜¥450,000

クロスや床の張り替えは、選択する材料やデザインによって費用が異なります。

マンションの場合

項目平均費用
基本工事費¥120,000
クロス材料費¥60,000〜¥170,000
床材料費¥80,000〜¥220,000
合計¥260,000〜¥510,000

マンションでのクロス・床の張り替えは、共用部分や隣接する部屋への影響を考慮する必要があり、工事費がやや高くなることが考えられます。

マンションリフォームにおける注意点

すべてのリフォームにおいて共通することですが、マンションのリフォームは特有の要因で費用が高くなることがあります。

それは、エレベーターや共用部分を通る搬入・搬出の手間が増えること、隣接する部屋への騒音を考慮し、特定の時間帯での作業や騒音対策が必要となる場合があること、共用部分の保護のための養生や、マンションの規約に基づく手続きなどがあるからです。

これらのマンション特有の状況を理解し、計画的なリフォームを進めることが大切です。

浴室と洗面台リフォームの期間はどのくらい?必要な日数は

浴室や洗面台のリフォームを検討する際、費用だけでなく、工事の期間も気になるポイントの一つです。

リフォーム中は、日常生活に影響が出る場所ですからね。

ここでは、浴室と洗面台のリフォームにかかる期間や必要な日数について詳しく解説します。

ユニットバスからユニットバス

戸建ての場合

項目必要日数
基本工事期間2〜3日
追加工事期間1〜2日
合計3〜5日

戸建ての場合、ユニットバスからユニットバスへのリフォームは、基本的に2〜3日で完了することが多いです。しかし、追加の工事や特殊な条件がある場合は、1〜2日程度の延長が考えられます。

マンションの場合

項目必要日数
基本工事期間3〜4日
追加工事期間1〜2日
合計4〜6日

マンションでのユニットバスからユニットバスへのリフォームは、共用部分や隣接する部屋への影響を考慮する必要があり、工事期間がやや長くなることが考えられます。

また、マンションの構造や規模によっても必要日数が変動するため、具体的な日数は業者との相談が必要です。

在来浴室からユニットバス

戸建ての場合

項目必要日数
基本工事期間3〜4日
追加工事期間2〜3日
合計5〜7日

戸建ての場合、在来の浴室からユニットバスへのリフォームは、既存の設備を撤去する工程が必要となるため、工事期間が長くなります。

特に、既存の設備の撤去や配管工事などが必要な場合は、追加の日数が必要となることが考えられます。

マンションの場合

項目必要日数
基本工事期間4〜5日
追加工事期間2〜3日
合計6〜8日

マンションでの在来浴室からユニットバスへのリフォームは、共用部分や隣接する部屋への影響、また既存の設備の撤去などの工程が必要となるため、工事期間がやや長くなることが考えられます。

具体的な日数は業者との相談が必要ですが、一般的には6〜8日程度を見込むことが多いです。

浴室&洗面所をセットでリフォーム

戸建ての場合

項目必要日数
基本工事期間5〜7日
特別な追加工事の場合+2〜4日
合計5〜11日

戸建ての場合、浴室と洗面所をセットでリフォームすると、工事の規模や範囲が広がるため、基本的な工事期間は5〜7日を見込むことが多いです。

特別なデザインの要望や追加の工事が発生した場合、その分工事期間が2〜4日延びることが考えられます。

マンションの場合

項目必要日数
基本工事期間6〜8日
特別な追加工事の場合+3〜5日
合計6〜13日

マンションでの浴室と洗面所のセットリフォームは、基本的な工事期間として6〜8日を見込むことが多いです。

特別な要望や追加の工事が発生した場合、その分工事期間が3〜5日延びることが考えられます。

洗面台の交換リフォーム

戸建ての場合

項目必要日数
基本工事期間2〜3日
特別な追加工事の場合+1〜2日
合計2〜5日

戸建ての場合、洗面台の交換リフォームは基本的に2〜3日で完了することが多いです。

しかし、特別なデザインの要望や追加の工事が発生した場合、その分工事期間が1〜2日延びることが考えられます。

マンションの場合

項目必要日数
基本工事期間3〜4日
特別な追加工事の場合+1〜3日
合計3〜7日

マンションでの洗面台の交換リフォームは、基本的な工事期間として3〜4日を見込むことが多いです。

特別な要望や追加の工事が発生した場合、その分工事期間が1〜3日延びることが考えられます。

クロス・床の張り替え

戸建ての場合

項目必要日数
基本工事期間2〜4日
特別な追加工事の場合+1〜2日
合計2〜6日

戸建ての場合、クロスや床の張り替えは基本的に2〜4日で完了することが多いです。しかし、特別なデザインの要望や追加の工事が発生した場合、その分工事期間が1〜2日延びることが考えられます。

マンションの場合

項目必要日数
基本工事期間3〜5日
特別な追加工事の場合+1〜3日
合計3〜8日

マンションでのクロス・床の張り替えは、基本的な工事期間として3〜5日を見込むことが多いです。

特別な要望や追加の工事が発生した場合、その分工事期間が1〜3日延びることが考えられます。

まとめ

ここでは、「浴室と洗面台は一緒にリフォームすべき?」という疑問をお持ちの方に向けて、一緒にリフォームをすることのメリットについてお話しさせていただきました。

また、リフォームの際のポイントや注意点、費用や工事期間についての詳しくお話しさせていただきました。

浴室や洗面台のリフォームに関して他に疑問や不明点、具体的なリフォームのご相談などがございましたら、お気軽にご連絡ください。

皆様の理想のリフォームを実現するためのサポートをさせていただきます。

    お困り事はございませんか?

    お風呂やトイレ、キッチンなどお家に関するお困り事がございましたら、どんなことでも結構ですので、まずはお気軽にお問合せください。お見積り、現地調査、ご相談は無料です。下記のフォームに必要事項をご記入いただき、「送信」をタップしてください。

    お名前 必須

    フリガナ 必須

    E-mail 必須

    郵便番号

    ※郵便番号を入力すると住所が自動入力されます。

    住所1

    住所2

    ※住所1の続きを入力してください。

    電話番号 必須

    お問い合わせ内容

    営業メール増加のため、只今、問合せが正常に送れないケースが発生しております。
    「送信」がうまくできない場合は、大変お手数ですがお電話からお問合せください。

    サービス一覧

    メニュー 閉じる

    お客様の声・事例紹介