暖喜の歴史

地元職人直営「暖喜」の原点

住宅リフォーム専門店「暖喜(だんき)」は、2007年1月17日に誕生しました。

かい会社にしたい」「お客様にんでもらいたい」というのが名前の由来です。

暖喜が設立されたのは、石田(代表)が父親の内装業を継ぎ、10年間の修業をした後のことです。

職人として長年、家族を養う父の姿を見て育った石田にとって、職人として働くことは誇りでした。

しかし、実際に現場で働きはじめると、そんな誇らしい職人の姿とはかけ離れた現実を目の当たりにします。

1990年代後半はバブルが崩壊し、新築の着工数が年々減少していた時期だったため、ハウスメーカーの仕事は激減。

職人たちは大手ハウスメーカーから安い単価で働かされ、いじめのような扱いを受けるようになっていたのです。

現場管理から理不尽なクレームを受ける職人、元請けの都合で県外の遠い現場へまわされる職人。

厳しい環境に耐えられなくなった仲間たちは次々と職人を辞めていきました。

そんな状況を見た石田の中で「地元職人を守りたい!」という想いが強くなっていったのです。

職人が減少することは、住宅を守る担い手がこの地域からいなくなってしまうことを意味しています。

この問題を紐解いていくと、その原因のひとつに業界の仕組みがあることが分かりました。

建設業界では、元請けの大手ハウスメーカーから下請け・孫請け・ひ孫請・ひひ孫請け、という形で複数の業者を介して職人へと発注することが習慣となっており、業者の分だけ中間マージンが発生します。

その結果、お客様には3倍〜4倍にも膨らんだ金額が請求される一方で、現場の職人たちには安い単価しか与えられなくなってしまうのです。

特に、バブル崩壊などで景気が悪化したときに、「値下げ」のしわ寄せを被るのはすべて職人たちでした。

地元職人たちが地域でお客様のために活躍できる方法はないだろうか?

このような発想から考え出されたのが、地元職人がチームとなって地域でお客様に直接、サービスを提供する仕組みでした。

それが地元職人直営・住宅リフォーム専門店「暖喜」の始まりです。

暖喜では対応エリアを茨城の県南地域に限定し、お客様から直接いただいたご依頼を暖喜率いる地元職人チームによって対応する仕組みになっています。

これは、お客様が安心して適正価格でサービスをご利用いただけることはもちろん、職人たちがこの地域でお家を守る人財として、育ち・活躍することにも貢献しています。

企業理念

私達は住宅事業を通し、「お客様」「社員」「職人」「携わる全てのご家族」の幸福満足を実現し、日頃お世話になっている地域社会に積極的に貢献します

創業の心

我が社は、ワンファミリースピリッツにのっとり、喜びも苦しみも全員で分かち合い地域社会に貢献し愛される企業に発展し続ける。

スローガン

私達は「暖かく」「喜び」のあるリフォームを提供する最高の地元職人集団です。

  • 2007年1月 株式会社暖喜 設立
  • 同年 暖喜 牛久店オープン・職人会結成
  • 2015年 日本外装リフォームネットワークGAISO 加盟
  • 2020年5月 暖喜 つくば店オープン
  • 2021年3月 牛久店移転リニューアルオープン

受賞歴

  • 2017年 JACKリフォームコンテスト 外装リフォーム賞 受賞
  • 2018年 住まいのリフォーム事例コンテスト2018年 外壁塗装部門 優秀賞 受賞
  • 2020年 J-1グランプリ後期2020 第3位
  • 2021年 J-Queen 前期2021 優勝
  • 2021年 J-1グランプリ後期2021 準優勝
  • 2021年 J-Queen 後期2021 準優勝
  • 2021年 GAISO AWARDS 2021 塗料販売 店舗部門 第1位