風呂リフォームの注意点|意外と知られていないこと

2021/3/31 水曜日

お風呂の工事でお客様と打ち合わせをしていると、お客様が意外と知らないことがあります。ここでは知られていないことについてまとめていきます。

入り口のドアを交換する

お風呂の入れ替えの際に意外と知られていない工事No.1が「入り口のドアも交換する」です。

今までお使いのドアの規格と新しいユニットバスのドアの規格が変わってしまいます。

また、ユニットバスの入り口のドアはユニットバスの一部に組み込まれているためドアも交換する必要があります。

脱衣場のクロスの張替えが入る

次に多いのは、脱衣場のクロスの張替えが入るという点です。

ユニットバスの入り口のドアが変わると大きさも違います。もともとのドア枠が使えなくなってしまうため、ドア枠も交換する必要があります。

ドア枠を交換する場合、最小に収める場合でもお風呂がある一面はクロスを張り替えなくてはいけません。

給湯器はお風呂とは別工事

お風呂工事の際に給湯器も交換される方は確かに多いです。

しかし、絶対に入替工事が必要というわけではありません。

給湯器に関しては壊れてからすぐ交換が可能のため別の機会に工事することも可能です。

ユニットバスの仕組み

タイルのお風呂からユニットバスに変えるときに、今までのお風呂の中に新しい箱が入るというイメージになります。

ユニットバスは単に壁のパネルと床、浴槽からなるのではなく入り口のドアもユニットバスの一部に入るためドアやクロスも絡んできます。

    お困り事はございませんか?

    お風呂やトイレ、キッチンなどお家に関するお困り事がございましたら、どんなことでも結構ですので、まずはお気軽にお問合せください。お見積り、現地調査、ご相談は無料です。下記のフォームに必要事項をご記入いただき、「送信」をタップしてください。

    お名前 必須
    フリガナ 必須
    E-mail 必須
    郵便番号 ※郵便番号を入力すると住所が自動入力されます。
    住所1
    住所2 ※住所1の続きを入力してください。
    電話番号 必須
    お問い合わせ内容

    営業メール増加のため、只今、問合せが正常に送れないケースが発生しております。
    「送信」がうまくできない場合は、大変お手数ですがお電話からお問合せください。