2階のトイレにリモデル(リトイレ)タイプを推奨するのはなぜ?

2021/3/21 日曜日

今日は実際にお客様に聞かれたことについてわかりやすく回答していきたいと思います。

リモデルトイレ(リトイレ)って何?

従来のトイレは排水が出ている位置に決まりがありませんでした。しかし、今の新しいトイレは奥の壁から20㎝の位置に排水の芯を持ってきて下さいね、という規定が出来ています。

そのため新しいトイレに交換する際に設備屋さんに排水管の移設をしてもらう工事が必要となります。

リモデルのトイレは、もともとある排水管の位置を移動させずに新しいトイレに繋げるためのリモデル配管がついているトイレのことをリモデルトイレといいます。

リモデル配管

2階のトイレを交換する時にリモデルタイプを推奨するのはなぜ?

2階のトイレを交換する際に気を付けなければならないことがあります。

それは、排水管の位置を変える際に床を支えている部材と干渉するかしないかです。

お家を建てているところによって下地の向きなど違いがあることがあるため、リフォームの際には注意が必要となってきます。

壁から20㎝の位置に欲しい排水管を移動するときにそこに下地がある場合、床の強度の低下など気をつけなければいけません。

リモデルタイプのトイレであればもともとの排水管を使用して新しいトイレと繋ぐため下地を痛める心配がなく施工することができます。

そのため、2階のトイレを交換する際には基本的にリモデルタイプのトイレを推奨しています。

リモデルタイプのトイレで気をつけなければいけないことってなに?

既存の排水管と新しいトイレを繋ぐリモデル配管はとても万能のように思われますが、気をつけなければいけないこともあります。

それは、リモデル配管にも取付けが可能な範囲があるということです。

メーカーや商品によっても取り付け可能範囲が決まっているということです。

また、加えて気をつけておきたい点は排水管を移動させて取付をするトイレと比べると詰まりやすくなってしまうという点です。

原因としては、今のトイレは節水効果が高く省エネですが、排水管を移動せず床の上で専用のリモデル配管を使用し曲げているため詰まりやすいのではないか、と考えられます。

一概にすべてがそれに当てはまるとは限らないのでもし交換後詰まってしまった場合には一度確認が必要となります。

また、お家によってもどうすることが適切なのかも変わってきますので気になる方は是非一度お問合せください。

    お困り事はございませんか?

    お風呂やトイレ、キッチンなどお家に関するお困り事がございましたら、どんなことでも結構ですので、まずはお気軽にお問合せください。お見積り、現地調査、ご相談は無料です。下記のフォームに必要事項をご記入いただき、「送信」をタップしてください。

    お名前 必須
    フリガナ 必須
    E-mail 必須
    郵便番号 ※郵便番号を入力すると住所が自動入力されます。
    住所1
    住所2 ※住所1の続きを入力してください。
    電話番号 必須
    お問い合わせ内容

    営業メール増加のため、只今、問合せが正常に送れないケースが発生しております。
    「送信」がうまくできない場合は、大変お手数ですがお電話からお問合せください。