壁からの雨漏りの原因は何?対処法や修理は?

2020/12/26 土曜日

壁から雨漏り?

雨漏りというと天井からというイメージが強いのですが、壁からの雨漏りが発生するということも実は少なくありません。その原因は次のようなものが考えられます。

原因①「外壁とサッシのところからの雨漏り」

外壁とサッシの取り合い部のコーキングの劣化が原因の雨漏りが最も多いといわれております。また霧除けと呼ばれる窓の上部についている小さい屋根(霧除け)のところからの雨漏りも多いので要確認が必要です。

原因②「外壁に生じたクラックからの雨漏り」

モルタルのお家で多くみられるクラックですが、そのまま放置していると大きなものに変わってきて雨漏りにまで発展することもあります。

壁からも雨漏りの補修はどうやるの?

原因①の修繕「シーリングを見直し補修する」

シーリングも経年劣化でひび割れなどを起こします。それを放置してしまうと大きくひび割れたり、中に雨漏りしたり、サイディングが雨水を吸ってしまい張り替えなくてはならないダメージを負うこともあるため、シーリングの修繕を考えましょう。

原因②の修繕「クラック補修で雨水の侵入を防ぐ」

クラックの程度にもよって修繕方法は様々ですが、シーリングを使用した補修が一般的です。ただ上からうつだけではなく、グラインダーを使い少し削ってからシーリングを充填したほうが厚くうてるためお勧めです。

雨漏りは早めの対処が大切

雨漏りは原因をしっかり修繕してからでないと止まりません。そのまま放置してしまうと必要以上に修繕する必要が出てしまうこともあり、費用も大きくかかってしまう場合もあります。

まずはしっかりと原因を追究してからどのように修繕するべきなのかを打合せをし、工事に踏み込むのがよろしいかと思います。

暖喜では雨漏りの原因追求から必要な修繕方法の選出、打合せまでしっかりと行い安心して任せて頂けるよう最善を尽くします。不安に思うようなこと、どうしたいいのかわからない状態になっているなどの住宅に関するお悩みをお抱えの方はぜひ一度ご相談下さい。

    お困り事はございませんか?

    お風呂やトイレ、キッチンなどお家に関するお困り事がございましたら、どんなことでも結構ですので、まずはお気軽にお問合せください。お見積り、現地調査、ご相談は無料です。下記のフォームに必要事項をご記入いただき、「送信」をタップしてください。

    お名前 必須
    フリガナ 必須
    E-mail 必須
    郵便番号 ※郵便番号を入力すると住所が自動入力されます。
    住所1
    住所2 ※住所1の続きを入力してください。
    電話番号 必須
    お問い合わせ内容