住宅リフォームの見積もりなら茨城県牛久市の暖喜へ!

お問い合わせフォーム

屋根・外壁リフォームROOF&WALL REFORM

ガイナとは

宇宙技術を応用した機能性塗料 ガイナ

ガイナは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)がH-Ⅱロケットの開発に際して、打ち上げ時の熱から機体および人工衛星を守るために開発した断熱技術を民間用に転用した塗料です。その機能は多岐に渡り、断熱、保温、遮熱をはじめ、遮音、防音、空気質改善など、大変機能性に富んでいます。その使用場所も様々で、戸建住宅やマンション、アパートなどはもちろん、工場や大規模な建築物、キャンピングカー、仮設トイレなど幅広い場面で利用されています。

多層化したセラミックが熱の均衝化を実現

多層化したセラミックガイナは特殊セラミック層で構成されており、周辺温度に適応する性質があります。その結果、熱の均衝化をもたらし、熱の移動を抑えます。

ガイナの遮熱メカニズム

ガイナの遮熱メカニズムガイナの球体セラミックに侵入した太陽光に含まれる赤外線は、球体のプリズム効果により、反射と屈折を繰り返し、屋内に侵入するエネルギー量を減少させていきます。(左図)

また、セラミックに配合した遮熱物質が太陽光に含まれる赤外線を反射します(右図)。

ガイナの特長

断熱・保温

外装に施工して放熱を抑える

外装に施工して放熱を抑える

ガイナを屋根や外壁などの外装に施工し、建物内部の放熱を抑えることが可能です。
熱は高いところから低いところへ移動します。そのため、一般の塗料で外装を塗装した場合、塗装面と外の空気温度の温度差が大きく、塗装面の熱移動が起こります。一方ガイナで塗装した場合、ガイナの塗装面が外の空気温度に適応するため、塗装面の熱移動が最小限に抑えられます。その結果、外部からの冷気を遮り、室内の熱を外へ逃がしにくくします。
 

内装に施工して暖房効果を高める

内装に施工して暖房効果を高める

内装にガイナを施工すると、室内の暖房効果を高めることが可能です。
暖房器具を使用して室内をあたためても、壁や天井の温度が低ければ、熱が逃げてしまいます。一方ガイナで塗装した場合、室内の空気温度にガイナの塗装面が適応し、室内の空気温度にガイナの塗装面が適応し、室内の暖房効果を高めてくれます。
 

断熱・遮熱

建物外部に施工して室内の温度を下げる

断熱・遮熱

ガイナの機能は断熱や保温だけではありません。遮熱も特長のひとつです。
通常、室内の空気温度がいくら低くても、壁・天井の温度が高ければ熱が室内に侵入し、なかなか温度が下がりません。一方内装にガイナを施工した場合、エアコンの冷たい空気とガイナの塗装面が適応するため、熱の移動を最小限に抑え、冷房効果を高めます。
 

遮音・防音

特殊セラミックが音を反射・制振

遮音・防音

ガイナの特殊セラミックは、空気を含んだセラミックの球体が多層になって構成されています。音はセラミックで反射し、空気で吸収されます。これを繰り返していくことで、セラミックの内部に侵入してきた音も、振動を軽減し、小さくしていきます。
 

空気質改善

臭いの原因や汚濁物質の浮遊・付着を抑える

空気質改善

ガイナはホコリやチリ、その他の汚濁物質を寄せ付けないため、部屋の空気が汚れません。
一般的に空気中に浮遊している汚濁物質は+の電気を帯びています。そのため壁や天井に静電付着します。これらが臭いの原因となったり、空気を汚したりするのですが、ガイナは帯電性0.0の性質を持っており、汚濁物質が付着しにくく、さらにはイオン化した水分が浮遊している汚濁物質と結合し、浮遊しにくくします。
 

その他の効果

ガイナは、上記のほかにも様々な機能を兼ね備えています。

防露、耐久、安全、不燃

 
前のページに戻る

お問い合わせフォーム