塗装|塗装・住宅リフォームの見積もりは茨城県牛久市の暖喜へ!

お問い合わせ

塗装リフォーム

外壁塗装Wall

塗装といえば一番多いご依頼が外壁塗装です。皆様がお住まいの住宅にとって一番面積の多いのが外壁の塗装であり、住宅の外観などに大きく影響をあたえるものです。紫外線や風雨にさらされて傷んだり、経年劣化による症状や劣悪な施工による症状など様々なことが外壁にはおこります。現在は、県内外に数多くの業者がおりますが、茨城県の牛久市を中心に「地域密着」にて皆様のご要望にお応えさせて頂いているのが株式会社暖喜です。どんなささいな症状でも少しでも気になるようでしたら暖喜にご相談下さい!

よくある症状

外壁のひび割れは建物の外観を悪くするだけではなく、建物自体の構造を悪くする可能性も秘めています。小さなものだからと捨て置くよりも、暖喜の無料診断にお任せ下さい。問題なければそれでOK!また変化がございましたらいつでもご相談下さい。

チョーキングというのは、外壁に素手で触れた際に、白い粉(塗料)が付く現象のことです。これは、塗料本来の性能が失われている証拠で、塗られていた塗料が粉化してしまっているのです。当然、外壁の防水性が下がってしまっていますので、そのまま放っておけば建物内部まで雨水が侵食する可能性もあります。そんな時にも暖喜の無料診断にお任せ下さい!

塗膜のはがれというのは、風雨や長期間紫外線などにさらされることにより、塗膜の密着不良が起こることによって、剥離や浮きが起こっている状態をいいます。このまま塗膜の剥がれを放置していると、塗料の保護機能が低下し建物に悪影響をあたえる可能性が出てきてしまいます。塗り替えによって保護機能を高めるメンテナンスをおススメいたします。まずは「無料診断」をお申し付け下さい!

カビや苔が外壁などに発生するのは、塗料の防水機能が低下することにより、雨水や湿気が原因で発生しています。放置すると、外壁だけではなく屋根の耐久性まで悪化する可能性が考えられ、雨漏りを引き起こすケースも考えられます。まずは「無料診断」をお申し付け下さい!

Point!

よくある症状が出ているからといって「大至急」施工することはありません!
暖喜では、「無料診断」をおこない本当に必要かどうかの状況確認をしっかりとおこない、ご説明をさせていただきます!
地元の皆様と共に長年お付き合いさせて頂くことが出来ている理由の一つです!

屋根塗装Roof

「屋根塗装」は屋根のリフォームのうちの一つで、その他に「葺き替え(ふきかえ)」「重ね葺き(かさねぶき)」があります。
屋根全体を取り替えてしまう工事が葺き替えで、重ね葺きは既存の屋根の上から新しい屋根材を重ね補強する工事のことをいいます。

屋根塗装は一般的に約10年に一度の塗り替えが必要と言われていますが、それを怠って塗り替えをせずにいると、屋根自体(スレートや金属系)の耐久が本来の耐久年数の半分近くで葺き替えなどの大掛かりな工事をおこなうことになってしまうほど建物にとって重要なものなのです。

屋根塗装というのは外観・美観を良くする事以外にも建物保護の役割があるので、塗り替えた時期や目で見て確認するセルフチェックなど、しっかりとスケジュールを立て管理する必要があるのです。
株式会社暖喜では、無料の診断や相談はもちろん、施工させて頂いたお客様の管理もしっかり行います。

よくある症状

色が褪せる
屋根における塗装が劣化した時の最初の症状です。そのまま放置しておくと当然ですが、どんどん劣化していきますので、気になった場合は、暖喜の「無料診断」をお気軽に!

カビやコケが生える
屋根は直接外気と接しているので、チリやホコリ、湿気などにより影響を受けやすい場所です。塗料の効果が薄くなればカビやコケ、雑草なども生えてきます。お早目のご対応をおススメします。

ヒビや割れ
屋根が割れたりすることはめったにあることではありませんが、近年の大雨や地震・台風などの影響を何度も受ける事により、屋根がひび割れてしまったり、ずれてしまったりすることがあります。割れた箇所やヒビの箇所より雨漏りしてしまうかもしれません。ご自宅の屋根で見つけたら一度「無料診断」をおススメいたします。

Point!

症状によっては「大至急」施工することはありませんが、屋根は建物の中でも一番影響を受けやすい箇所でもあり、普段なかなか「見る」ことができない場所でもありますので、少しでも気になることがあれば、暖喜の「無料診断」をおススメいたします。
本当に必要かどうかの状況確認をしっかりとおこない、ご説明をさせていただきます!

付帯塗装(樋・破風・軒天)

「付帯塗装」は樋・破風・軒天部分の塗装のことをいいます。塗装業者に御見積りなどをもらった際に見かけることが多く、またトラブルのもとになることも多いようです。そしてお客様よりよく質問されるのも「この付帯部分って何ですか?」です。

外壁塗装だけでなく屋根塗装をおこなう際の見積もりの中に大抵「付帯部分」というのが記載されています。お客様にとっては余計は経費がかかる「怪しい見積もり」に見えるかもしれませんが、外壁塗装を行うと外壁自体は綺麗になりますが、壁をつたっている雨樋が汚ければ、外観は美しくないでしょう。同様に隣接している破風や軒天が汚ければ、外壁を塗り替えた意味がなくなってしまいます。
皆様の大事な建物の寿命や外観を保つためには重要な項目なのです。

破風は破風板とも呼ばれ、一般住宅や神社などでよくみかける屋根のすぐ下にある板のことです。

軒天というのは、外壁部分から屋根などに向かい外側に出ている部分の天井のことを指し、軒裏天井とも言います。住宅の外壁部より下から屋根を覗くと、軒天を見る事ができます。

というのは、屋根に落ちた雨水を集めて地上に流す装置のことをいいます。一般的には雨樋(あまどい)と呼ばれています。

皆様の大事なお家です。なるべくセルフチェックをするように心がけ、普段余り目にしない「軒天」部分におかしな異変があったら、早めにご相談下さい。