タンクレストイレ|部品のみの交換が可能

2021/1/23 土曜日

タンクレストイレって機能部(ウォシュレットの部分)が故障したら全て交換しなくてはならないイメージってありますよね。

実際に部品交換がきかず全て交換することとなった例はもちろんありますが、全てが全てそれにあてはまらないこともあることってご存知ですか?

どういうケースなら部品交換で済むの?

タンクレストイレを部品交換で済ませられるのはどのようなケースなのでしょうか。

  • 流れが悪い
  • ウォシュレットが出ない
  • 自動洗浄がきかない

上記の3つのケースは部品の交換のみで済ませられることが多いです。

流れが悪い

通常のタンクが付いているトイレではなかなか耳にしませんよね?なぜ、タンクレストイレではそのようなことが起きるのでしょうか。

タンクレストイレとタンクが付いているトイレとでは根本的な構造が違います。

その違いとは、通常のタンクの付いているトイレは一度タンクに水を溜め、流す際に一度に放出する水の量が多く勢いで流しております。

しかし、タンクレストイレの場合は水を溜めて置けるタンクがないため、給水配管から直接水を配給し水を流します。

より汚物を効率よく流せるようにトルネード洗浄と呼ばれる渦を巻いているように流しておりますが水圧が弱いとうまく流れません。

改善策

水圧改善をする。つまり、ブースターを取付けることで改善を図ります。

ウォシュレットが出ない

ウォシュレットが出ない場合も部品の身の交換で済むことが多いと言えます。

原因は様々あると思いますが、主にノズルの詰まりか電気系統の故障が考えられます。

改善策

ノズルの詰まりの場合は、一度取り外して清掃してもらえれば改善されます。

電気系統の故障の場合は、メーカーに一度問い合わせて修理に来てもらうことで改善されます。

自動洗浄が反応しない

便座から立ち上がると自動で流してくれる自動洗浄機能ですが、センサーなどの故障によって自動で流すことが出来ないことがあります。

改善策

メーカーに来てもらい、センサーや電気基盤の交換をしてもらうことで修理できます。電気屋さんの工事で直せる内容でないことが多いため、メーカーに来てもらいましょう。

全て交換を決断する前に

一度メーカーなどに確認してみましょう。

もう既に廃番になってしまっている商品の場合、全て交換の一択じゃないかと悲観するのはまだ早いです。なぜかというと新商品が出たから前の商品は全て廃棄するという事がないため、部品が残っている可能性があるからです。

工務店やリフォーム会社にタンクレストイレは部品が取れないからお勧めしませんと言われたことがある方、決してそんなことはないので安心してください。

確かに部品のみの交換で修理が可能ではないことがあることもあります。しかし、全部が当てはまらないことを知っておきましょう。

    お困り事はございませんか?

    お風呂やトイレ、キッチンなどお家に関するお困り事がございましたら、どんなことでも結構ですので、まずはお気軽にお問合せください。お見積り、現地調査、ご相談は無料です。下記のフォームに必要事項をご記入いただき、「送信」をタップしてください。

    お名前 必須
    フリガナ 必須
    E-mail 必須
    郵便番号 ※郵便番号を入力すると住所が自動入力されます。
    住所1
    住所2 ※住所1の続きを入力してください。
    電話番号 必須
    お問い合わせ内容

    営業メール増加のため、只今、問合せが正常に送れないケースが発生しております。
    「送信」がうまくできない場合は、大変お手数ですがお電話からお問合せください。