ブログ

給湯器の号数って何?

2019/12/23 月曜日

こんにちは、菊地です。
皆さんは、お家の給湯器の号数って知っていますか?

普段、 給湯器の号数を意識する機会ってほとんどないと思います。でも、給湯器を交換したり、新しく購入するときは「号数」というのを把握しておかないと、給湯器を選べません。ここでは、給湯器の号数について調べてみました。

そもそも給湯器の号数って何?

給湯器の号数というのは、お湯を作る能力を表す数字です。号数は数字が大きければ大きいほどお湯を作る能力も高くなります。具体的には、1分間に「水温+25度」のお湯を作れる量(リットル数)を表します。

例えば、10号の場合、1分間に10リットルのお湯を作る。20号なら20リットルのお湯を作るといった形です。でも、これはあくまでも「水温+25度」のお湯の話です。つまり、夏に40度のお湯を出す場合なら問題ありませんが、同じお湯を冬の寒い時期にお湯を作るときは量がもっと少なくなるということですね。

「1分間に10リットル、20リットル」と言われても感覚的にどのくらいのお湯なのか分かりづらいと思いますので、お家にある水回り品に置き換えると、シャワーが1分間に10リットル、一般の蛇口で4リットルが目安になるそうです。

一般家庭で使用される号数は16号・20号・24号の3つ

一般家庭で設置されている給湯器は、基本的に「16号」「20号」「24号」の3つのどれかです。どの号数が適しているかはライフスタイル(つまり、お湯を同時に使用する量)によって異なります。

単身世帯は16号

1度にシャワーだけを使う、キッチンだけで使うという形で、お湯を1か所のみで使用することが多い単身世帯は16号がおすすめです。

2~3人世帯は20号

「シャワー」+「キッチン」もしくは、「洗面」の2か所でお湯を使う機会が多い場合は20号が適しています。3人の家庭でも、お湯を同時に3か所で使うことが多い場合は、さらに上の24号の方が余裕があると思います。

4~5人家族は24号

シャワーを使いながら、キッチンと洗面の合計3か所でお湯を使うことが多いという場合は24号がおすすめです。

お家で使用する給湯器の目安分かりましたか?

現在の給湯器の号数の調べ方

適切な号数が分かったところで、現在使用している給湯器の何号の調べ方についても確認してみましょう。

給湯器の号数は、本体に記載されている型式の中に隠れています。型式は、アルファベットと数字で構成されています。その中で最初に出てきた2つの数字が号数になります。例えば、型式が「GT-C2062PAWX BL」であれば「20」つまり20号ということですね。

冬は例年、給湯器トラブルの相談が増えるみたいですね。給湯器のことで何かあれば暖喜までお気軽にご相談ください。