ブログ

知らないと損!?台風で屋根が壊れた場合は・・・

2020/9/07 月曜日

これからの時期台風が多くなり被害に遭うこともあるかと思いますが、落ち着いて対応していきましょう。

知らないと損!?台風の被害で屋根が壊れた

台風の影響で被害が多く及ぶところが屋根ですね。昨年の台風では屋根材が飛ばされてしまったというお問合せもありました。そういった方にまず確認させていただいていることがあります。それは・・・

昨年の台風で屋根が破損してしまった現場

火災保険に加入されていますか?

「火災保険は火災にしか適応されない」と思われがちですが、そんなことはありません。火災保険は火災はもちろんのこと、風災・雪災・雹(ひょう)災まで適応されています。

今回例であげている「台風の影響で屋根材が破損してしまった」というのはこの風災にあたります。保険の申請に必要な書類を郵送してもらい、そのほか申請に必要な写真や工事見積などの書類は暖喜でご用意させていただきます。

火災保険の対象になるもの

火災保険は火災はもちろんのこと、風災・雪災・雹(ひょう)災まで適応されています。この風災は台風や突風、竜巻、暴風が含まれております。

保険の内容も「建物のみ」「家財のみ」「その両方」があります。あなたの加入している保険の内容で補償される損害が変わってきます。

建物のみ

建物本体だけでなく、敷地内にあり保有している全てのものが対象となります。

例えば、建物の屋根や外壁、キッチンや風呂などの住宅設備、カーポートなど

家財のみ

家具やテレビなどの電気機器

適応外になること

風災以外の雨漏りや経年劣化による破損

まずは一度お問合せを

台風や雪などの被害で破損してしまったなど遭った場合は一度お問合せ下さい。原因を調査し適応になるのかならないのかなどどのようにしたらよいかなどアドバイスなどできるかと思います。

0120-492-502

10:00~18:00
(毎週木曜・第2水曜休み)

工事の流れ

工事に至るまでの流れについてです。まず、①現地調査(破損個所の写真撮影)②見積書、報告書作成③申請④工事着工⑤完了報告という流れになります。火災保険の場合同じところの修繕で保険での対応は可能となっておりますが、⑤完了報告というのはしっかり行わなければいけません。この工程をせずにいると次回同じように申請ができなくなる可能性があるため注意しましょう。

まとめ

台風などの風災でお家に付随しているものが破損してしまった場合は火災保険が適応できる可能性があります。これを知らずに全額自己負担で修理するよりも保険を使用し工事することができればダメージも少なく済むと思います。

これからの時期台風が増えてくるかとは思いますが、最適な対処法を用いて工事に臨んでいければいいのではないでしょうか。何か気になることなど疑問がある方は是非一度ご相談してみてください。

0120-492-502

10:00~18:00
(毎週木曜・第2水曜休み)