ブログ

バスタブのお湯が冷めてしまう

2020/6/23 火曜日

冬の時期など悩まされることが多いお風呂のお湯問題について、今から先に対策を打っておきませんか?

お風呂のお湯がすぐに冷めてしまう

お仕事の都合などでお風呂に入る時間がずれてしまったりすると、せっかく溜めたはずのお湯が冷めてしまい追い炊きをしないといけない経験をした方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、今のユニットバスは冷めにくい構造になっているので追い炊きなどすることなく温かいお湯をキープできるようになっております。

今までのお風呂と今のお風呂の違い

ここからは、従来のお風呂と今のお風呂の違いについてです。

従来のお風呂はFRPやステンレスの浴槽が多く見られました。

もちろん現在でもFRPの浴槽のものが多く見られておりますが、中身が大きく違ってきています。

ここまで断熱材が入っているため、冷めにくくなっているのです。

まとめ

冷めにくい浴槽にすることで湯温をキープすることができます。

湯温をキープできることによって省エネにもつながり、ガス代や電気代の節約

入る方にも温かい状態で入ってもらえる。

浴室の改装をお考えの方は、浴槽の断熱材がどのように入っているのかなど、参考にしてみてはいかがでしょうか。

詳しく気になる方はぜひお問い合わせください。

0120-492-502