住宅リフォームのことなら茨城県牛久市の暖喜へ!

お問い合わせ

ブログ

牛久市の地域密着リフォーム専門店暖喜~新しい外壁クラック補修とは?~

2019/2/12 火曜日

こんにちは。

牛久市の地域密着リフォーム専門店暖喜です。

本日ご紹介するのは、外壁のクラック補修についてです!

まず、外壁クラックとは何でしょうか?

下の写真のように、構造木材の乾燥収縮やモルタル自体の収縮で出来るヒビ割れのことです。

これは、防水効果切れの赤信号!!

このような隙間から、雨水などが侵入するの注意!

早急な対応が大切です。

 

今までの補修方法は、「Uカット+シーリングの充填」という固定概念があったと思いますが、

暖喜は、TNC工法「貼る」クラック処理』をおすすめします!

スピーディー、そしてもともとの仕上がりに質感に馴染んで、

非常に綺麗外壁改修が可能で、抜群の防水効果を発揮します!

≪TNC工法施工事例≫ 

ウールローラーでYGプライマーを塗布します。


YGプライマー乾燥後離型紙を剥がしながらクラックがテープ内に収まるよう貼っていきます。

ヒーティングガンを用い、熱風をYGテープに当てて柔軟にします。

専用ローラーで既存の柄に馴染ませて貼り付けます。

YGコートを砂骨ローラーでYGテープの上から塗布します。

この後は、通常通りの塗装になります。

 

外壁のクラックを見つけた場合は、『TNC工法「貼る」クラック処理』で綺麗に補修しましょう。

外壁や屋根リフォーム、外壁クラックでお困り方は、

牛久市の地域密着リフォーム専門店暖喜にご相談下さい。